クルミポリフェノール

  • 化粧品素材
  • 食品用素材

原料の概要

クルミポリフェノールは、ナッツ類の一種であるクルミの種皮に多く含まれる加水分解型ポリフェノールを豊富に含みます。もともとクルミは、リノール酸・オレイン酸といった不飽和脂肪酸が含まれていることから、高コレステロール血症や動脈硬化などの改善・予防が見込まれる食品です。これらの健康作用について、脂肪酸の効果だけではなくクルミポリフェノールも一役買っていることがわかっています。そのため、健康成分としてのクルミポリフェノールの研究は随時進められているのです。

そしてクルミポリフェノールには、特に肝臓の保護や脂質代謝に関する作用が認められています。これらの理由から、クルミポリフェノールには多くの生活習慣病を予防する力があると考えられるわけです。

期待できる主な作用

・肝保護作用

肝臓は実にさまざまな働きをする臓器であり、脂質やアルコールの代謝を行うだけではなく活性酸素や細菌・ウイルス、また毒物などの有害物質を解毒する役割も持ちます。そのため、肝機能が活性化すれば健康状態の維持につながるわけです。そしてクルミポリフェノールは、肝臓を保護して肝機能の低下を防ぐことができるとされています。

マウスを使った実験では、四塩化炭素から生じるラジカルによって肝障害を起こしたマウスにクルミポリフェノールを投与し、肝機能への影響を検討しました。すると、肝障害によって血中の値が上昇するGOTやGPTの有意な低下が認められました。また、D-ガラクトサミンによる肝障害についても調べたところ、クルミポリフェノールは特にGPTの上昇抑制を確認できました。加えて、エタノールによって肝障害を起こしたラットに関してもクルミポリフェノールを投与した結果、やはりGOTおよびGPTの上昇を抑制し、一方で肝機能の向上を示す血中GSHの値を上昇させることがわかりました。このことから、活性酸素や毒素、そしてアルコールによる肝障害のいずれにおいてもクルミポリフェノールは、改善作用を発揮することが証明されたということになります。

さらに、四塩化炭素およびD-ガラクトサミンによる肝細胞への影響そのものについても、クルミポリフェノールが保護することがわかっています。こちらの検証については、ラットから採取した肝細胞を使用し、四塩化炭素もしくはD-ガラクトサミンを含む培地で培養し、クルミポリフェノールの影響を観察した結果、いずれも細胞の保護活性が認められました。

・メタボリックシンドロームの改善・予防

クルミポリフェノールは、脂質異常症の改善や予防への効果が期待されています。これまでに、高コレステロール血症や高トリグリセリド血症をクルミポリフェノールが改善するという報告があるのです。マウスを使った実験では、高脂肪食を与えたマウスにクルミポリフェノールを摂取させたところ、血中のコレステロールおよびトリグリセリド量が減少しました。

さらに、クルミポリフェノールの脂質代謝促進作用についても検証が行われています。上記の高脂肪食飼育マウスについて、肝細胞のミクロソームを含むサイトゾル(細胞質気基質)のβ酸化による脂質代謝を検証したところ、有意なβ酸化の促進が見られています。そして、脂肪代謝関連分子については、特にPPARαとアシルCoAオキシターゼ遺伝子の発現が顕著に増加しました。

その他、クルミポリフェノールは糖尿病にも有益であるとされ、糖質分解酵素の活性阻害作用についても研究が行われています。アミロースの分解酵素であるアミラーゼは、特にクルミポリフェノールに含まれるカスアリクチンやテリマグランジンによって阻害されることがわかりました。また、マルトースの分解酵素であるマルターゼについても、これらの成分強く阻害することが確認されています。

ちなみに、クルミおよびクルミ種子油の作用についても加えておきます。クルミは不飽和脂肪酸を多く含んでいるため血管拡張作用が見込まれ、動脈硬化の改善・予防に役立つでしょう。さらに、クルミそのものには血中コレステロールの減少や中性脂肪の吸収抑制にも効果があるとされているのです。そのため、クルミそのものについてもメタボリックシンドローム改善に期待が持てるというわけです。

どんなサプリ(食品)に向いているか

クルミポリフェノールを用いた食品は、主に効率的な脂質代謝やメタボリックシンドロームの改善を目的としたものが多いです。たとえば、スポーツドリンクやサプリ、スーパーフードとしての製品などがあげられるでしょう。また、ビタミン剤に配合された製品も見受けられます。その他、クルミポリフェノールと同様に肝機能に働きかけるとされるウコンやシジミなどと組み合わせてサプリにすると、肝臓保護の相乗効果が見込めるのです。その他では、医薬部外品に配合されるケースもあります。

か行の原料名一覧