ソバの葉エキス

  • 化粧品素材
  • 食品用素材

原料の概要

ソバの実を利用して麺にしたソバは、私たちの生活にも密着した食品です。そして、ソバの実だけではなく葉も食品として用いられることがあり、平安時代の医学書にもソバの葉に関する記述が見られます。また中国でも薬用として使用されており、有益な健康効果が見込まれているのです。

ソバの葉エキスの主成分はルチンというフラボノイド配糖体であり、血管および血液の働きに影響を与える機能性成分です。これにより血流促進などの作用がもたらされ、冷え症の改善といった効果も期待できるでしょう。

期待できる主な作用

・血流改善作用

ソバの葉エキスが血流を改善する作用について、血液流動性を測定するマイクロチャネルアレイおよびMC-FANを用いて検証しました。すると、ソバの葉エキスを摂取したヒトの血液はエキス摂取前より短い時間でスリットを通過したことから、血液の流動性が向上したことがわかります。さらに、ソバの葉エキスを摂取したヒトの血液成分を調べると、血流を促進させる作用を持つc-AMP の濃度が高くなっていました。

・体温回復促進

ソバの葉エキスは、血流を改善することから皮膚体温の上昇にも関与します。ヒトでの実験では、手足を冷水に浸けた直後と15分後、30分後など時間経過ごとに皮膚体温の経過を測定し、その後ソバの葉エキスの摂取後に同様の過程を行う方法で検証しました。すると、冷水に浸してしばらく経った後の皮膚体温は、ソバの葉エキスを摂取したときの方が明らかに上昇しました。

・抗酸化活性

ソバの葉エキスが持つ作用の1つとして、抗酸化活性作用もあげられます。ソバの葉エキスにおいて、体内で抗酸化作用を発揮するSOD様作用と、DPPHラジカルの消去活性を検証したところ、ソバの葉エキスはいずれも有意な活性をもつことがわかっています。

・抗糖尿病

ラットを使った実験で、2型糖尿病が進行しているラットに通常のエサとソバの葉エキスを含んだエサを与えた結果、ソバの葉エキスの摂取により上昇する血糖値の有意な抑制が見られました。ソバの葉エキスは2型糖尿病の発症を極めて効果的に抑制することが明らかとなっています。

どんなサプリ(食品)に向いているか

ソバの葉エキスは、血流を改善して体温を上昇させる作用を持つことから、血行促進や冷え症改善などを目的としたサプリメントに使用されることがほとんどです。

さ行の原料名一覧