ニラ種子エキス

  • 化粧品素材
  • 食品用素材

原料の概要

ニラ種子エキスは、ユリ科ネギ属の一種であるニラの種子から抽出したエキスです。ニラは中国西部が原産とされ、寒暖の厳しい環境にも耐えうる強さを持ちます。食品としては中国で古くから親しまれている歴史があり、春秋戦国時代からは漢方薬の素材として精力増強や疲労回復などの健康促進に役立てられていました。

そしてニラ種子エキスにも、性能力向上や抗疲労などの滋養強壮作用が期待できます。これらの作用をもたらすとされる主な機能性成分は、S-アリル-L-システインやS-1-プロペニル-L-システインといったアミノ酸類をはじめ、サポニンやセラミドなどです。

期待できる主な作用

・性能力向上

ニラ種子エキスには、性能力を向上させる作用があることが認められました。その機序は、ニラ種子エキスが男性ホルモン・テストステロンの増加が関連すると考えられます。マウスを使った実験では、雌雄ペアのマウスにニラ種子エキスを投与して経過を見た結果、交尾回数の増加や交尾までの時間短縮が確認されたのです。そして、ニラ種子エキスの性能力向上作用は、同様の作用を持つ朝鮮人参エキスよりも優れ、マカエキスとほぼ同様であるという研究結果が出ています。

・抗疲労作用

ニラ種子エキスの抗疲労作用に関して、まずレセルピンによって神経伝達物質が枯渇し精神疲労を起こしたマウスに、ニラ種子エキスを投与し水中で水泳をさせました。その結果、水中での休憩時間が短縮されたことから、マウスの精神的疲労が抑制されたことがわかります。また、レセルピンによって減少した神経伝達物質は、ニラ種子エキス投与によって正常値まで回復することが判明しました。さらに、筋肉内のエネルギー産生に関与する酵素の遺伝子発現を、ニラ種子エキスが促進したという結果も出ています。この作用により、ニラ種子エキスはエネルギー産生をスムーズにして疲労からの回復を早めることが見込まれるのです。

・その他の作用

ニラ種子エキスのその他の作用として、抗老化作用もあげられます。老化現象は、過酸化脂質の蓄積による体内組織の破壊が原因のひとつです。ニラ種子エキスには、脂質過酸化による分解生成物であるマロンジアルデヒドを抑制する作用が見られたことから、脂質の過酸化防止が期待できます。

また、ニラ種子エキスには免疫力をアップさせる作用があることがわかっています。マウスを使った実験では、血液中に異物を投与した後にニラ種子エキスを投与すると、異物除去率が有意に向上したのです。

どんなサプリ(食品)に向いているか

ニラ種子エキスは、滋養強壮目的でタブレットやカプセルなどのサプリメントに多く使用されます。また、ニラそのものに滋養強壮をもたらすイメージがあることから、そのイメージを強化した製品もあるでしょう。

な行の原料名一覧