ユズ種子エキス

  • 化粧品素材
  • 食品用素材

原料の概要

ユズ種子エキスは、料理の風味づけなどに使用されるユズの種子から抽出されるエキスです。ユズは中国原産の果実で、酸味のもとであるクエン酸や独特の香りをもたらすリモネンなどの成分を含みます。その他ビタミンCも豊富で、美容やリラックス効果などさまざまな健康効果をもたらすといわれているのです。そして、ユズ種子に含まれるリモニンはユズ果汁の1800倍とされ、ユズ種子エキスの主な成分となります。

期待できる主な作用

・美肌作用

ユズ種子エキスは、肌の真皮内に多く存在する線維芽細胞の働きを活性化させる作用があることが確認されています。また、表皮細胞の生成を活発にする作用があることから、古い角質がはがれ落ち新たな肌に生まれ変わるターンオーバーもスムーズになるのです。

ヒトによる試験では、20代~40代前半の女性に対してユズ種子エキスを配合したカプセルを4週間服用してもらい、肌の水分量を測定しました。すると、ユズ種子エキスを摂取する前と比べて水分量が増加したという結果になりました。

さらに、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きによるメラニン生成のメカニズムを抑制し、肌を美白に導くことがわかっています。

・抗ストレス作用

ユズ種子エキスには、ストレスを軽減してリラックスをもたらす作用も期待できます。ヒトによる試験では、ユズ種子エキスと脳波の関係性の研究が行われました。その結果、ユズ種子エキスを摂取した際にはα波の発現が顕著になったのです。また、ストレスマーカーである唾液中のクロモグラニンAの分泌量を測定した結果、ユズ種子エキス摂取後に減少が見られました。

・血流改善作用

さらにユズ種子エキスには、血流を促進させる作用もあるとされています。ヒト試験では、まず朝食後に時間を置いてから水を飲んでもらい、その後に手足を冷水に浸してサーモグラフィで皮膚表面温度を測定します。そして昼食後にまた時間を置いてユズ種子エキスと水を摂取してもらい、同様の方法で皮膚表面温度を測定したのです。するとユズ種子エキス摂取後の方が、皮膚表面温度が高くなることがわかりました。

・その他の作用

上記以外の作用としては、メタボリックシンドロームの改善も考えられます。ラットに高脂肪食を与え、ユズ種子エキス摂取グループと何も与えないグループに分けると、前者において体重や脂肪量が抑えられたという検証結果があるのです。

どんなサプリ(食品)に向いているか

ユズ種子エキスは、主に美肌効果を狙った美容ドリンクに多く用いられるほか、サプリメントにも配合されます。その他、ユズ風味やイメージを楽しむジュースなどのドリンクに使用することもあるでしょう。

や行の原料名一覧