ルテイン

  • 化粧品素材
  • 食品添加物素材

原料の概要

ルテインとは、自然界に存在する色素・カロテノイドの一種であり、キサントフィルに属する成分です。ルテインが多く含まれる食品としてはほうれん草があげられますが、より効率的に摂取するには、サプリメントが有効です。そして、この成分が健康食品に配合される場合、主にマリーゴールドからの抽出物が用いられます。

ルテインは、ヒトの目に存在するという他のカロテノイドにない特徴を持っています。これらの成分は、眼機能を健康に導くことがわかっているのです。なかでも、加齢によって起こる黄斑変性症などに有意な改善をもたらすことが期待されています。

期待できる主な作用

・ルテインと目の疾患

ルテインがもたらす効果としては、老化による目の疾患の予防が主なものです。特に老化によって起こる加齢性黄斑変性症に深く関与するとされているのです。カロテノイドは抗酸化作用がありますが、ルテインとゼアキサンチンの二種類のみが目の黄斑や水晶体に存在して 活性酸素の発生を抑制しています。しかし加齢によるルテインなどの減少によって、活性酸素を抑制できなくなってしまうのです。そして、黄斑の細胞に変性をきたすことによって起こるのが、加齢性黄斑変性症です。つまり、黄斑にルテインを補給すれば活性酸素の発生が抑えられ、細胞の変性を予防することがきたいできます。また、水晶体の細胞が酸化を起こすと、白内障を引き起こします。これについても、ルテインの補給が有効とされています。

目の機能は、生活を行う上で重要な役割を果たします。しかし、黄斑変性症や白内障は、その大事な機能を阻害し、生活に支障をきたしてしまうでしょう。特に黄斑変性症は進行すると失明の危険性があり、有効な改善策が模索されているところです。そのため、ルテインの役割は目の健康を保つための成分として注目されています。

その他、パソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトについて、ルテインが吸収する作用を持つとされています。IT機器の普及が進みブルーライトで目を傷めやすい現代においては、ルテインが有益な効果をもたらすことが期待されているのです。

・ルテインの吸収性

ルテインを摂取する際、遊離ルテインの形とこれに脂肪酸が結合したルテインエステルの形の2種類があります。ルテインが体内に吸収される場合、最終的に遊離ルテインの形に分解された後となります。ルテインエステルは体内でエステラーゼやリパーゼといった分解酵素によって脂肪酸と遊離ルテインに分解されるのです。

そして、これら2つの形のうち血中のルテイン濃度をより高めるのはどちらかというと、ルテインエステルで摂取した場合です。ある研究結果では、ルテインエステルの摂取と遊離エステルの摂取で血中濃度を比較した場合、ルテインエステルの方が高濃度になったことがわかっています。さらに、血中に滞在する時間も、ルテインエステルの方が長かったのです。

さらに、この結果についてマウスを使ったさらなる検証も行われています。絶食したマウスをルテインエステル投与グループと遊離ルテイン投与グループに分け、投与から4時間後の血中濃度を測定しました。すると、ルテインエステル投与グループの方が遊離ルテイン投与グループの2倍近い濃度を示したのです。また、グラフ中の血中濃度曲線下面積から濃度を算出した場合も、ルテインエステル投与群は遊離ルテイン投与グループのおよそ1.8倍となりました。

また、非絶食状態のマウスでも検証した結果、血中ルテイン濃度のピークについてルテインエステル投与グループでは投与から2時間後、一方で遊離ルテイン投与グループでは6時間後となっています。つまり、非絶食状態でもルテインエステルの方が血中への吸収率が高いことがわかったのです。さらにルテインエステルは、絶食状態よりも非絶食状態の方がスムーズに血中に吸収されることも見て取れます。さらにグラフ中の血中濃度曲線下面積については、ルテインエステル投与グループが遊離エステル投与グループのおよそ2倍となったという結果が出ているのです。

またヒトでの臨床試験では、ルテインエステルを摂取した場合と遊離ルテインを摂取した場合で、摂取から32時間後の血中ルテイン濃度平均を比較します。するとルテインエステル摂取時の方が、遊離ルテイン摂取時よりもおよそ5.8倍数値が高かったのです。さらにルテインエステル摂取時の場合、摂取から48時間を経過した後も血中への移行が継続されていたことも確認されています。そして、グラフ中の血中濃度曲線下面積についてもルテインエステル摂取時の方が6倍近く大きくなりました。

これらの検証結果により、マウスやヒトいずれの場合も、ルテインエステルで摂取する方がルテイン吸収を効率的に行えることが立証されました。ルテインエステルの方が血中吸収率に優れている機序については、他のカロテノイドが脂質とともに摂取すると吸収率が上がることと同様ではないかと注目されています。その法則にのっとると、ルテインと脂肪酸の結合体であるルテインエステルの方に吸収率の軍配が上がることも納得できるでしょう。さらにルテインの吸収率に関しては、体内における胆汁酸やリパーゼの働き、また小腸における吸収の仕組みが何らかの影響を及ぼしているのではないかという説も提唱されています。

・ルテインエステルと目の黄斑部へのルテイン蓄積の関係性

では、ルテインエステルの形で摂取した場合に目の黄斑部へのルテイン蓄積量は向上するのでしょうか。ある研究結果では、ヒトにルテインエステルを140日にわたり投与し、さらに投与から200日後までの黄斑部におけるルテイン蓄積量(黄斑部色素の光学密度)を測定しました。すると、投与開始と同時に光学密度は上がり、さらに投与終了後にも光学密度が上昇し続けたことが認められたのです。

どんなサプリ(食品)に向いているか

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、そのなかでもほうれん草に豊富です。とはいえ、1日に必要なルテイン量を摂取するにはサラダボウル5杯程度を食べることが求められ、食事で摂取するのはあまり現実的ではありません。そこで、ルテインエステルの形でサプリメントに配合して摂取するのが有効といえます。そして、ルテインエステルはルテインと脂肪酸の結合体であり、性質は脂溶性です。そのため、サプリメントに加工するときは成分をカプセルで閉じ込める形が向いているでしょう。

ら行の原料名一覧