黒米エキス

  • 化粧品素材
  • 食品用素材

原料の概要

黒米は中国・陝西省を原産とする穀物で、その名のとおり黒い色を持っています。この黒米を原料とし、抽出される成分が黒米エキスです。黒米は、古代中国より美容食品として用いられていたほか、さまざまな効果をもたらす健康食品として薬学的にも重宝されていました。その効果から中国では薬用米・長寿米といった呼び名で親しまれています。また薬膳料理にも利用されることが多く、健康促進のほか美肌や美髪などの美容効果もあるといわれているのです。

黒米エキスの機能性成分の主なものはアントシアニンであり、これは黒米エキスの黒い色のもとになる色素です。アントシアニンがもたらす作用については、活性酸素除去や血流改善等の効果が知られており、黒米エキスの作用に関してもこれらの効果に関連したものが報告されています。

期待できる主な作用

・眼病予防

黒米エキスには、網膜など視細胞の死滅や変性による眼病を抑制・予防する効果があることが知られています。黒米エキスそのもの、および含有成分であるチアニジンやペオニジンといった成分は、可視光を浴びた視細胞に及ぼす障害を抑制します。実際の実験でも、可視光を照射したことによる視細胞の減少数は、黒米エキスおよびチアニジン・ペオニジンのいずれにおいても減少数を抑えたという結果が報告されています。

 

血管内皮増殖因子(VEGF)活性により異常な血管新生が発生すると、網膜に障害をもたらし網膜症や黄斑変性症などの眼病を引き起こします。黒米エキスおよびチアニジン・ペオニジンは、VEGFの活性によって血管内皮細胞の増殖を抑制する働きがあるといわれています。

・糖尿病改善

血糖値は、デンプンの分解酵素であるα-アミラーゼや、二糖類分解酵素であるα-グルコシダーゼの働きによって、血中に糖質が吸収されて上昇します。黒米エキスは、α-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼの活性を抑制するため、血糖値の上昇を抑えることが可能です。この作用から、糖尿病の改善の効果が期待されています。

・美肌作用

皮膚の健康を保って美しい肌とする組織は、真皮に存在するエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などです。黒米エキスには、これらの組織が分解されるのを防ぐ作用もあるとされています。エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸は、それぞれの組織を分解する酵素であるエラスターゼ・コラゲナーゼ・ヒアルロニダーゼの影響により減少します。黒米エキスはこれらの酵素の働きを阻害するため、肌の衰えを阻止することができるのです。その他、メラニンの生成過程に関与するチロシナーゼの抑制や、メラニン生成の最終段階の抑制作用があることも確認されています。

どんなサプリ(食品)に向いているか

黒米エキスが商品に使用されるときは、眼病予防や糖尿病改善を目的としたサプリに配合される場合が多いです。また、同じく眼病予防に効果があるとされるマキベリーエキスと混合された商品もあります。その他、美容目的の化粧品、黒米エキスの色素を利用した白髪染めやヘアカラー、シャンプーといった用途にも使用されています。

か行の原料名一覧